施術者の紹介

萩本 晋司
Blance Group技術責任者

【経歴】
KONAMI競泳チーム専属トレーナー
(競泳オリンピック選手所属)
関西医療大学卒業(最優秀成績者として学長賞受賞)
KONAMIスポーツ明石大久保接骨院 院長(感動創造賞を社長より授与)
また椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、関節痛などあらゆる整形外科分野の治療を得意とし、不妊治療の成功率も高い。

近畿大学付属高校水泳部インターハイ帯同近畿大学水泳部インカレ帯同その他、有名競泳チーム、有名大学、有名高校所属の競泳選手を始め、甲子園出場 高校野球選手達、有名バレエ団現役講師陣、プロゴルファー、国際レベルのマラソンランナーなど、スポーツ選手全般の治療トレーニングサポートを行う。

萩本晋司先生の写真
  • ご紹介いただきました。
  • 右:田村栄子著「育てる」
    左:道上洋三著「ふたつめの誕生日」
  • 書籍 田村栄子著「育てる」と道上洋三著「ふたつめの誕生日」の写真
  • 将来、車椅子生活の可能性があると宣告された
  • SCU 代表萩本は、過去に頚椎圧迫骨折(後に頚髄圧迫)により下半身麻痺症状が現れ、将来車椅子生活の可能性があると宣告された既往歴を持つ。 (この症例での手術は、非常にリスクを伴う状態の為、歩行不可になれば手術に踏み切ろう。という状態であった。)しかしその後、奇跡的に回復し手術を免れ、近年では身体操作の方法を習得した事により、現在は人生で一番良い身体の状態である。
特別集中施術室への想い
  • 貴方がここを訪れたのは、おそらく治らない痛みや痺れがあるからでしょう。
    残念ながら解決できない少数の方もおられますが、貴方のその深い悩みである強い痛みや痺れの多くを私たちは解決することが出来ます。
    私たちは、痛みを取り除くための新しい概念と治療技術をもって、長い間治らず苦しまれてきた全国の方々を救いたいという願いからこのホームページを公開しました。
  • 「自分の痛みや痺れは、本当にここで解決することが出来るのか?」
    「ここに書いてあることは本当なのか?」などの疑問をまず持たれると思いますが、ここからの文章を読んで、私たちの存在意義を知っていただき、理解していただけたらと思います。
■特別集中治療室(SCU)とは何か?
私たちが身に付けたあらゆる特殊な治療技術を駆使して集中的に施術を行わなくては改善・治癒に至らせることができない重篤な症状の方を対象に設置しました。
■特徴①
他の鍼灸師より、指の感覚に優れ、針の技術が高く、精密で繊細な治療が可能です。通常では指先の感覚だけでは見つけられない、深いところで隠れた病原となっている小さな部位を探り当て、その部位へ非常に細かく柔らかい鍼先を操作することができます。画像診断機器を使わず病原部位を見つけ出し、そこに柔らかく曲がる鍼を当てるのは至難の技であり、10年20年のキャリアがあっても出来ることではありません。病院では見つからなかった悪性腫瘍も指先だけで見つけた経験もあり、良性を含めてこれまで手術に至った例は二桁に上ります。健康な体にはないものがあれば、深くであっても指に感じ取ることができるのです。
こうして、現在、多くの医師をはじめ、現役オリンピック選手や有名バレエダンサー、アナウンサー、歌手などあらゆるジャンルの著名人の体調管理や怪我予防、身体能力を飛躍的に高める施術の依頼を多く受けるようになりました。
■特徴②
今話題のトリガーポイント鍼療法を23年前からメイン治療法として実績を積んでいます。その技術を買われ、オリンピック出場を危ぶまれていた選手の腰椎椎間板ヘルニアの治療を行い、無事に出場を可能にした経験があります。鍼灸大学卒業時には、学長賞を頂いています。
■特徴③
骨盤の歪みの調整や関節の歪みを修正する技術を三種類持ち、個人の経過に合わせて使い分けているため、とても体に優しく正確に調整することができます。
  • ただ、治療をさせて頂いた結果、痛みや痺れが無くなったとしても、ほとんどの場合は時間と共に再発してきます。それは何故でしょうか?
  • 患者様が苦しまれている症状の殆どは、突発的な事故以外は、ご自身の日常生活での不良姿勢、運動不足による体の支えの脆弱化などが原因であるためです。また、「寝具が合ってない」、「同じ姿勢で長時間スマホやパソコンをする」、「ゴルフや野球など同じ利き腕での動作ばかりしている」、「いつも同じ立ち方や座り姿勢」など、まだまだ多岐に渡りますが、これら日常の癖などを長年続けてきたことで、筋肉の発達のばらつきが起こり、体幹が虚弱化し、同じ筋肉ばかりを酷使し続けているのです。そのことで、筋肉が異常な塊となり血流を途絶えさせたり、関節をバランスよく支えられず不安定になります。不安定な関節は軟骨が擦れあって必要以上に削れたり、ぐらぐらするために靭帯が引き伸ばされたり、骨に異常な力が加わります。更に、老化も重なり変形していくものと考えられます。
  • これらを改善するためには不都合な日常生活動作を洗い出し、体の動作分析を行い、何処の何がおかしくて、どんな手段を使い、どう改善していくことが患者様にとって最善の方法であるかを見抜いていきます。1日1分、1週間に1.2回でもかまいません。1週間にゼロ回でなければ大丈夫です。これまでの生活に変化を与えることが治癒へ向かう第一歩である成長の始まりであることは間違いありません。
  • 以下に、治せる可能性が高いものとそうでないものをまとめました。
■治せる可能性が高いもの(症状を改善することができるが、
いつか再発する可能性があるものを含む)
①病院や整骨院、鍼灸院など、どこに行っても治らない体の痛みや痺れで苦しんでいる。
※全身どこの痛みでも構いませんが先ずは医師の診断を受けてください。頭痛や顔面痛なども含む。
②治療後、少しましになっても再発する痛みを抱えている。
③椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症の症状のある部位の明らかな筋萎縮、顕著な筋力低下がないもの。
④痛くてもなんとか歩行できる脊椎分離症 脊椎すべり症。
※すべり症の場合、医師に手術が必要だと言われるような方でも、手術なしに症状が改善することが多くあります。完治は難しいとしても、すべりが再び起こらないように日常生活に気を付けたり、すべりを防げる腹筋力を持続させるための強化トレーニングを行う必要があります。ただし、高齢になってからの脊柱の手術は、かなり負担になりますので、早いうちに手術を選択することが必要な場合もあります。
  • ここまでお読みいただき、ご興味を持たれましたら、まず、当ホームページにある問診表にご記入の上、送信してください。
    私達が治せる適応症状、適応病であるかどうかを判断し、適応症状であれば治せる可能性があるかどうかを更に検証するため、メールでのやり取りから電話相談へと進んで頂きます。
  • 電話で更に詳しい問診とカウンセリングを行い、私が治せる可能性が高いと判断できる病態や症状であり、医師の診断や検査を受けているかどうか、且つあなたの治したいという気持ちが強いかどうかを確認の上で治療予約を取って頂きます。
    今まで数多くの治療を受けてこられて、どうせ治らないと思われている方もいるかもしれませんが、ここに来られるほとんどの方が初めはそう思われています。
  • しかし、あなたの治したいという気持ちがなければ、これまでの経験から自己治癒力も発揮しにくくなるのは明らかです。決して無理なことは要求いたしませんが、努力がなければ決して完治には至りません。
  • 皆様ができることを一つずつ相談し、試行錯誤を繰り返しながら治療方法をオーダーメイドで作り上げていきます。
  • その手始めに、あなたの日常生活の一切を教えてください。それら全てを聞き漏らさないように洗いだし、あなた自身が続けられる無理のない最善の方法で日常動作を改善し、本来の自然治癒力と潜在身体能力を徐々に発揮するよう導いていきます。
  • しかし、それを実践し続けていくのはあなた自身です。あなた自身の決意と努力がなければ私たちができることなどないということをどうかご理解下さい。
問診票に記入する>